エイズ・淋病などへの感染率が5〜8倍に!女性は不妊の原因にも

クラミジア検査

クラミジアを放置しておくとエイズや淋病などの他の性感染症へもかかりやすくなり、感染率が3〜5倍にもなると言われています。クラミジアかも?と思ったらこの機会に他の性感染症へも感染していないかどうかまとめて検査しておくことをおすすめします。

クラミジアのチェックと検査はこちらから

性感染症を知ろう!記事一覧

クラミジアは数ある性感染症の中でももっとも患者数が多く、感染率が高いものです。治療そのものはそれほど困難なものではなく、医療機関で適切な処置を受ければ完治することもできますが、感染率の高さからすぐに他の人から再び感染してしまうケースも見られます。クラミジアに感染しているとHIV(エイズ)感染率が5〜...

淋病はよく知られた性感染症のひとつです。また男性に発症しやすい病気としても知られているので注意が必要です。クラミジアと併発することが多い性感染症この淋病とは淋菌と呼ばれる細菌が感染することによって生じます。感染経路はセックスはもちろん、アナルセックスやオーラルセックスなど、粘膜を接触させるすべての種...

今日わたしたちの間でもっとも恐れられている性感染症はエイズ(HIV)でしょう。かつては死をもたらす病と言われていました。現在では治療技術が進み、必ずしも死に直結する病気ではなくなったと言われていますが、まだ根本的な治療方法は見出せていません。クラミジアに感染していると感染率が高まるので要注意ただ、こ...

梅毒はおそらくもっとも古くから知られ、恐れられてきた性感染症です。日本でも戦国時代頃に伝わり、江戸時代に入ってから広く猛威をふるいました。歴史上の人物でもこの性感染症を抱えていた人が数多くいると言われています。しかも特効薬ともいえるペニシリンが発見されるまでは治すことができない病気でした。段階的に症...

トリコモナスは性感染症の一種ですが、性行為以外でも感染する可能性が高い病気でもあり注意が必要です。身近に感染者がいる場合、幼児に感染するリスクもあるのです。それだけに感染したら放置せずにできるだけ早く治療を受けることが求められます。性交渉以外でも感染する恐れがあるので要注意!トリコモナスとは膣トリコ...

カンジダは性感染症の中でもやや特殊なタイプに分類される病気です。性感染症として性行為を通して感染することが多い病気なのですが、原因となるカンジダ菌はもともと体内に存在しているため、健康状態に変化によって性行為に関係なく発症することもあるのです。それだけにこの性感染症に関する正しい知識を踏まえておきた...

性器ヘルペスは水疱ができる性感染症として有名な病気です。また、性器だけでなく口などにも発症するケースが多く、セックスだけでなくアナルセックス、オーラルセックスでの感染にも注意が必要です。水疱など比較的自覚症状が出やすい性感染症この病気は単純ヘルペスウイルスの感染によって発症します。この単純ヘルペスウ...

コンジローマはとくに男性によく見られる性感染症です。亀頭部分にイボイボのようなものができるのが大きな特徴です。ただ、必ずしも男性だけに生じる性感染症ではなく女性にも発症する可能性がありますし、パートナーの一方が放置することでピンポン感染の恐れもつきまといます。25パーセントの確率で3ヵ月以内に再発す...

ケジラミといえば耐え難いかゆみを連想する人も多いでしょう。自覚症状が乏しいケースが多い性感染症の中では特殊な部類に入ります。この性感染症はその名の通りシラミが感染することによって発症するものですが、大きな特徴として陰毛に感染・繁殖する点が挙げられます。つまり性器に直接感染するのではないのです。激しい...

疥癬(かいせん)は激しいかゆみをもたらす性感染症です。ヒゼンダニ(疥癬虫)と呼ばれるダニが感染することによって生じます。そのため、感染経路は必ずしも性行為とは限らず、むしろ性行為以外の感染のリスクの方が高くなっています。その意味では性感染症の中では特殊な部類に属するといえるでしょう。性感染症というよ...